冬期講習会について

さぁ、1年間の総復習だ!

Goda塾では、講習会を出会いの出発点と考えています。塾通いというのは今後一生を左右する大きな決断の1つになると考えています。1日や2日体験授業を受けたとしても、塾の雰囲気、教師の考え、授業の質まではなかなか判断しにくいのではないでしょうか。まずは、説明会にご参加頂き、教師の考え、塾の雰囲気をご体験下さい。

 

講習説明会予約フォーム

 

 

時間割

 

講習会費

完全無料

 

 

 

—小4—

■国語 まずは漢字に興味を持っていただくために『部首クイズ』や『漢字パズル』などの教材を使って学習します。初めての塾通いになりますので、とにかく勉強が楽しい。そう感じてもらえるように工夫を凝らしました。また、辞書の引き方や意味調べの仕方なども指導します。

■算数 小4になり、1学期・2学期で学習した内容のうち、特に重要な単元に絞って学習します。小数と分数の単元や面積の計算を行います。また、国語同様に、少しでも興味を持って頂くために、100マス計算で友達とタイムを競ってみたり、面積迷路などの教材を用いてどんどんリズムよく解いていくことの楽しさを味わって頂きます。

—小5—

■国語 まずは漢字に興味を持っていただくために『部首クイズ』や『漢字パズル』などの教材を使って学習します。初めての塾通いになりますので、とにかく勉強が楽しい。そう感じてもらえるように工夫を凝らしました。また、どのように漢字の学習、語彙の量を増やすのか、具体的にノート指導を入れながら進めます。

■算数 1学期・2学期で学習した内容のうち、特に重要な単元に絞って学習します。速さの計算や、角度、面積の計算を行います。また、国語同様に、少しでも興味を持って頂くために、100マス計算で友達とタイムを競ってみたり、面積迷路などの教材を用いてどんどんリズムよく解いていくことの楽しさを味わって頂きます。

—小6—

■英語 アルファベットは書けるようにしておいて下さい。その上で、『I am』 『This is』などbe動詞を使った文章が作れるように指導します。この冬からしっかり準備をして、良いスタートダッシュが切れるようにしましょう!

■数学 正負の数のたし算、ひき算、かけ算、わり算、そして四則混合計算まで進めます。中学生の内容を使いながら、小学6年生までの計算も併せて復習できるカリキュラムになっているのが特徴です。

 

—中1—

■英語 1年生で出来てしまった躓きは気にしないで下さい。この冬にしっかりと復習をして、3学期に向けて準備をしましょう。be動詞と一般動詞の文の見分け方。三単現を復習しながら、3学期に学習する過去形を先取りしてしまいましょう。

■数学 これまでの期間で難しく感じたのは方程式の文章題や比例・反比例ではないでしょうか。この冬は復習をしながら3学期に学習する資料の活用や、図形などを学習します。

■理科 理科は先取り授業に専念し、前に進めます。中学校の定期試験では復習問題が出されることは殆どありません。そこで、学習した内容が3学期にきちんと点数に結び付けられるようにこの冬は、力の単元から、地震・地層などの地学単元を学習します。

—中2—

■英語 中学生活も半分を過ぎましたね。英語は積み重ねの教科ですから、単語の暗記や音読をこれまであまりしてこなかった場合は、それらがきっと点数に反映されてしまっているのではないでしょうか。塾生は、この冬までに中3の学習内容全てが終わります。この冬、イチから復習を開始します。講習生のみなさんは、このタイミングこそが再スタートを切る絶好のタイミングです。是非、ここからしっかり復習をして成果を出しに行きましょう。既に苦手意識を持ち、避けがちになっている場合でも、補習を組み、付いていけるようにしますので、ご安心下さい。

■数学 2学期の難所は一次関数でしたね。これは入試でも大変よく出題されるうえ、3年生で学習する二次関数と組み合わさりより一層難しくなります。この機会にしっかりと復習をしますので、今まで分からなかった一次関数がきっと分かるようになります。そして、3学期に向けて先手必勝。確率を先取りし、今までにない点数が取れるように準備しましょう。

■理科 理科は先取り授業に専念し、前に進めます。中学校の定期試験では復習問題が出されることは殆どありません。そこで、学習した内容が3学期にきちんと点数に結び付けられるようにこの冬は、磁界などの物理単元から、雲・前線などの地学単元を学習します。

 

—中3—

■入試総合 ここからは、自分が受ける学校の入試問題を解き、それに対応する問題を見つけながら勉強をすることが重要です。特に私立高校を受験する場合、以下のことを参考にして下さい。私立高校の先生は異動が少なく、毎年作成する先生が固定されます。それ故、先生の癖が問題に出やすく入試問題にどうしても偏りが出てきます。逆に言えば、これこそが学校の特徴です。全く同じ問題は出ることはなくとも、それに似た方向から問われる問題は高い頻度で出題されます。入試においては、過去の問題を参考に、類題演習をしっかりと積むことは極めて重要な勉強方法です。しかし、個人で勉強をしていると、類題を見つけること自体に限界があります。これこそが、塾の魅力の一つです。過去を遡り、それぞれの問題に応じた豊富な演習問題を過去に準備してきていますので、しっかりと対策を取ることが出来ます。入試に対して不安がある場合は、是非参加して下さい。ただし、最後の最後の大切な時期に差し掛かっていますので、中3生は入塾を前提とした募集とさせて頂きます。

PAGE TOP