中学生コース

中学生コースはどんなコースですか?

学校限定塾なのに、学校に合わせ過ぎない塾

一言で言えば、「公立中学校へ通いながらも、中高一貫校に通う生徒に負けない力を仕込む塾」です。開校当初からこのスローガンがあった訳ではありません。

学校限定塾を謳っているので、学校の補習塾のイメージを持たれてしまうこともあります。しかし、それは半分正解で、半分間違いです。

開校当初は5教科で100点に満たない生徒も数多くお預かりしてきました。そこから、一人、また一人と鍛え点数を出し、「あそこに行けば成績が伸びる!」そんな実績を地域に作り続けてきました。

勉強が得意な子もそうでない子も在籍しています。

開校から7年目を迎える現在の学年平均は1学年20名で400点弱です。平城中のレベル感で言えば一条高校レベルでしょうか。

もちろん、現在でも200点に満たない生徒も在籍しています。せめて学校平均点の250点くらいは取らせてあげたいと思い指導していますが、まだその達成感を持たせてあげられていない生徒がいるのも事実です。

しかし、一方で東大寺学園に合格するような生徒も輩出しており様々な学力層の生徒がGoda塾に通ってくれています。

お宅の塾は奈良高校に合格させられるんでしょうか?

開校当初は「お宅の塾は奈良高校に合格させられるんでしょうか?」という忘れられないくらい悔しいお問い合わせも頂きました。そして当然のごとく実績の無い塾へは来ていただけませんでした。

また、現在は馬渕教室に買収され、無くなってしまいましたが奈良には「稲田塾」という名門の塾がありました。以前私が「稲田塾」で勤務していたことをご存知だったようで「稲田塾のテキストは本当に素晴らしかった。お宅では稲田のテキストで指導していただけないのですか?」そんなお言葉も頂きました。

独立するからと会社を辞め、独自の教材で戦って行こうと決意していた身としては、以前の塾の看板の大きさを痛感させられる重い言葉でした。

良いところ取りを追いかける塾

しかし、その言葉のおかげで「学校限定塾の良い部分をを残しながら、学校限定塾からの脱却」を決意させてくれました。

単に定期試験で得点させることに終始するのではなく、あくまでも大学受験を見据えた入り口としての高校選び。

高校受験はあくまでも途中過程。高校受験は県内での競争ですが、大学受験は全国区。

きちんと鍛えておかなければ、大学受験ではめっためったにその理想を打ち砕かれることになります。その理想に少しでも近づくために、大学受験から逆算し、小学校中学校で身に付けるべき力を子どもたちに日々仕込んでいます。

開校以来この7年間で大きく変化してきました。きっと、これからも大きく変化していくはずです。これが現在のGoda塾です。

学校限定塾にしているのはなぜですか?

地域の子どもたちにとって、メリットが大きいからです。

一番は学校の進度が1つなので、学校の進度までも塾のカリキュラムの一部に組み込める点。

1度目が塾で学習する。2度目が学校で学習する。3度目が塾で2巡目の学習。そして4度目が塾の対策授業で。塾に来る全ての生徒の進度が揃っているので、何度も何度も「授業・演習」を組み、出来るように鍛えていくことができます。⇒詳しい説明はこちらへ

繰り返すことの大切さ

受験勉強を通して力を付けられた保護者の皆様も多いと思います。それは受験勉強が力を付けたのではなく、受験勉強を通して何度も復習したからではないでしょうか。成績を伸ばす一番のコツ、それは「復習」です。何度も何度も復習することで、はじめは不明だった問題が解けるようになります。同じレベルの復習だけをし続けても成長はしません。繰り返す中で難度を少しずつ上げ、同じ単元を扱いつつもできることの幅を増やすことを目指しています。

例えば、1巡目の学習で、試験で50点とる力をつける。2度目の学習で70点まで取る力を、3度目の学習で90点を取る力を付けるという具合です。

小学生コースの日々トレはこうして誕生しました。

初期の頃、Goda塾に来る生徒の大半は5教科合計点で250点行かない生徒が殆どでした。この子たちにどうしたら点数を取らせてあげられるんだろうと考えた結果、小学生時代に鍛えていなかったことが原因では?と気づきました。どうしたら暗記の器を広げられるんだろう?語彙を増やすにはどうしておけば良かったんだろう?計算スピードはどうすれば上がるんだろう?

そんな課題を一つ一つつぶす要素を盛り込んだのが日々トレでした。⇒詳しい説明はこちらへ

答え合わせの毎日

小学生コースの指導が本当に正しかったのか。きちんと中学生コースで活躍できる素をつくれていたのだろうかと子どもたちと一緒に答え合わせを続ける毎日です。

厚かましくも。笑

中学生コースの説明は現在ここまでしか作成出来ておりません。せっかく目を通して頂いたのに10%もお伝え出来ておらず申し訳ありません。今年の受験が終われば随時追加して行きますのでしばらくお時間を下さい。

もし、少しでもご興味を感じて頂けたならまずは講習説明会にお越し下さい。きっと30%はお伝えできると思います。

厚かましくも、その後入塾頂ければきっと100%塾での取り組みを実感頂けるかと思います。