冬期特訓

授業概要

・小3の本科準備コースはこの冬新規開講です。一言で言うと「考える力を身に付けるコース」です。

・小4~小6の●は授業日。★は自学日(10:00~12:00)になり、5つの★から希望の回数を選んで頂きます。

・ 中1/中2の変則5科は時期により指導教科を変更します。この冬期特訓では社会以外の4科を指導します。

・ 小4~小6の自学コースは静寂に包まれた空間を維持するため、勉強姿勢のある生徒が対象になります。場合によっては、途中でお断りする場合がございます。
(個別指導などの他塾、私立の小学校に通いながら塾で『演習時間を確保したい場合』にピッタリです。)

・小6英数追っかけ講座は英数の学習が初めての生徒の為の講座です。本科合流が難しい場合は、こちらの講座からスタートすることをお勧めします。

・中1・中2英語追っかけ講座は冬期特訓限定の期間限定講座です。学校平均点に満たない生徒が対象です。

・全学年とも、1/9までが冬期特訓期間、翌1/10から3学期の通常授業を開始します。

Goda塾の特長

 Goda塾の特長は、塾長が全ての学年を担当します。子どもたちの学力、性格、先日行われたテストの点数、だれがどんなところで間違えたかまで頭に入れ、毎日の指導を行っています。授業内容についていけなくなった場合は甘やかさない程度にフォローを行い、また勉強の仕方が分からないという生徒はイチから指導します。
 
 しかし、仮に勉強の仕方を指導しても、最終的には一定量をこなさなければ成果は得られません。勉強が苦手な生徒の大半は、量が少なく、ダラダラしている時間が長いのが特徴です。正しい方向に手引きしつつ、勉強に対するる姿勢、高校進学後の取り組みに至るまで、毎日の授業を通して意識改革を促して参ります。

 手垢にまみれた指導を行うために沢山の生徒はお預かり出来ませんが、預かった子たちの学力が伸び、満足して通って頂けるように手を尽くします。

 Goda塾に興味がある方は、ぜひGoda塾の門を叩いてみて下さい。

冬期特訓参加特典

  1. 冬期特訓費無料
    冬期特訓費は無料です。塾の味見ですのでまずは一度体験されてみて下さい。体験後、我々の生徒への姿勢、指導方針が気に入れば是非ご入塾下さい。
  2. 早期入塾割引 5000円
  3. 転塾割引 5000円
  4. 兄弟・姉妹割引
    2人目以降、入塾金不要&授業料半額(小・中学生コースで同時に通塾している場合)

各コースでどんな授業や取り組みがなされているか

残念ながら、多すぎて書けません。

また、子どもたちにとってこれは良いと思われる指導も、朝令暮改で変更していきます。

その時点でのベストな指導を行います。

先日始めたばかりのHPのブログに、日々の取り組みや指導の様子を書くようにしています。

塾に興味を持たれた方は、ブログをご確認下さい。

毎日ブログを見てもらいたいという下心です。笑

ただ、変わってはいけない部分もありますので、何点かだけこちらでご紹介します。


①日々シリーズ

・一定量の課題が365日出されます。小学生コースは辞書クイズ(国語)、英単語意味調べ&音読確認、3問英作、日々計算(計算という名ですが計算だけではありません。)が毎日、行われます。
 従来は、算数だけで行っていましたが、最近国語と英語も追加されました。たくさんあるように見えますが、30分もかかりません。しかし、毎日やってもらいます。週7です。
自分で言うのもなんですが、授業料とマメさを考慮すると、公●文以上の価値はあると思っています。
 あっ。すみません。上手く隠せていませんでした。笑

・中学生コースは、5問英作、日々計算(これも2回目ですが、計算だけではありません。)、自学報告(LINE)で。毎日大量の画像と勉強時間の報告が私の手元に届きます。授業後、一人一人の自学内容をスマホで確認し、勉強の偏りや、勉強の仕方に問題が無いかを細かくチェックします。
 激務ですので、深夜、早朝はこのチェックで頭がいっぱいです。おまけに息子の幼稚園への送迎もあります。お問い合わせのお電話は午後か、お問い合わせLINEから頂けると助かります。
 いつ倒れてもおかしくないと思っています。私が倒れるまで続けようと思っていますが、万が一倒れて復帰が困難になった場合は閉塾しますので、その際は転塾をご検討下さい。


②自学

・自ら主体的に考え、能動的に行動する生徒の育成が重要と考えています。高校生になれば、私の手からも離れます。きちんと一人で自走できるように、小4~中3までの6年間をかけて、「自分で考えて動く」生徒へと育てます。中学生コースは毎日50分の枠を敢えて授業時間の中に組み込んでいます。勝手にやりなさいでは放任です。枠を与え、まずはそこから自立できるように指導を行います。小学生コースも週2回の自学日を選んでいただきます。他の習い事や慣れない間は週1の自学日から始め、徐々に週2回へと増やして行きます。
 塾の根幹にこれを据えるのは、高校受験に合格すればよい、定期試験で点数が取れればよいという近視眼的な目線ではなく、将来において本当に子供たちにとって大切な「自分で考えて動く」を達成することに塾の目線は向いています。


③音読

・特に中学生は週5回、毎日15分。必ず英語の教科書の音読を行います。ただ読むことと勘違いされますが、どこに意味の切れ目があるのか、正しい発音はどうなのか。さらに、一番大切なことは「英文を暗記するため」の音読であるということです。分かりやすく言うと、目的は「英文の暗記」、手段が「音読」ということです。
 子供たちはよく「試験中に空白に答えが浮かんで見えた」と口にします。まずは英語について話しましたが、国語の教科書の音読なども行います。一貫して重要視しているのは日々の積み重ねであるという点です。